成年後見

 

成年後見制度とは、認知症等で判断能力が不十分になった方々を、法的に支援する制度です。家庭裁判所から選任された後見人等(成年後見人、保佐人、補助人)が本人に代わって、有料老人ホームや病院への入所、入院の契約、必要な預貯金の管理等を行います。多くはすでに認知症等で判断能力が低下した後に、親族等が申し立てをします(法定後見)。

法定後見制度で選任される後見人等は、家庭裁判所が選任します。従って、誰が後見人等になるか、実際に後見人等が選任されるまでわからない点に注意が必要です。

一方、将来、自分の判断能力が衰えた時に備えてあらかじめ後見人等と契約を結んでおくことができます(任意後見制度)。元気なうちに自分が信頼できる人を後見人等に選んでおけることがメリットです。任意後見契約は公証役場で公正証書にします。

当事務所は任意後見制度に力をいれています。任意後見制度は老後の備えともいわれます。お気軽にご相談ください。

行政書士費用

任意後見契約書作成 10万~15万※公証人費用が別途かかります。

契約締結後、判断能力の確認の為に定期的に訪問する場合 1回につき5,000円~1万円

任意後見開始後 月額3万円~5万円