相続


 身内のどなたかに不幸があった時、葬儀を行います。しかし、亡くなった方の財産はどうすればよいのでしょうか?銀行預金や不動産、株や自動車等、いつまでも何もしないわけにはいけません。遺言がない場合は、相続人全員で誰がどの財産をどのくらい受け継ぐのかを決め(遺産分割協議)、それに基づく必要な手続きもやらなければなりません。
 遺産分割協議は相続人全員で行わなければなりませんので、一人でも欠けたら無効です。そのため、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本等と、法定相続人の戸籍謄本等を取り寄せなければなりません。相当なボリュームになる場合が大半で、取り寄せるだけでも大変です。また古い戸籍だと読み取ることが困難なものも少なくありません。さらに相続財産の調査、自動車や不動産の名義変更、相続税の申告等、相続の手続きには専門的な知識がないと難しい面もあります。

 当事務所は、他の専門家(司法書士や税理士等)とも連携し、こうした面倒な相続の手続きを代行致します。

行政書士費用

相続財産の約1~2%(財産の種類や額、手続きの難易度によって異なります。)

※ご依頼前にお見積りいたします。

※相続税の申告が必要な場合等は税理士への委託手数料が別途かかります。

※不動産や会社の登記が必要な場合は司法書士への委託手数料が別途かかります。

※相続人間で紛争性のある案件は弁護士法に抵触しますので当事務所ではお引き受けできません。ご了承ください。