遺言書

 

「正しい遺言書」は家族を相続争いから守ります。

遺言書は、いずれ家族を守ってくれる力になります。
家族への贈り物だともいえます。元気なうちに、早めに書きましょう。

 遺言書の無いケースは、相続人全員で遺産分けについて、話し合わなければなりません(遺産分割協議)。誰が相続人になるかは民法で細かく決まっており、一人でも欠けたら無効、さらには全員の合意が必要なため、話し合いがなかなかまとまりません。仲違いした結果、その後は絶縁になってしまうケースがとても多いのです。

 しかし遺言書があれば、遺族は遺産分割協議で揉めることが無くなります。遺言書には法的な効力があるからです。注意点は、遺言書は書き方が厳格に決まっており、それを守らずに書いてしまうと、無効とされてしまう恐れがあります。

当事務所では、内容面、形式面で正しい遺言書の作成をサポート致します。

遺言の種類は、一般的に自筆証書遺言公正証書遺言があります。

 自筆証書遺言は全文を自署する方法で、簡単に書ける利便さはありますが、改ざんや、紛失の恐れがあります。内容面や形式面の不備があると無効になってしまうこともあります。また、相続発生時、家庭裁判所の検認手続きを経なければなりません。

 公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもと、公証人役場にて作成します。自筆証書遺言と比べると手間と費用はかかりますが、原本を公証人役場で保存してくれますので、遺言書の改ざんの恐れがなく、紛失の恐れもありません。また家庭裁判所の面倒な検認手続きも不要です。安心、安全考えると、公正証書遺言をお勧め致します。

  自筆証書遺言 公正証書遺言
長所 ・費用がほとんどかからない
・手軽に作れる
・紛失、改ざんの恐れがない
・公証人にチェックがある
・手が不自由な人でも作れる
・検認手続きが不要
短所 ・紛失、改ざんの恐れがある
・書き方を間違えると無効になる恐れがある
・検認手続きが必要
・費用が高額
・証人が2人以上必要

 

行政書士費用

自筆証書遺言の作成サポート    2万円~3万円
(自作した遺言書のチェック、書き方全般のレクチャー等)


公正証書遺言の作成サポート    10万円~15万円(実費として公証人費用が別途かかります)      
(遺言書の原案作成、相続人の確定、公証人との打ち合わせ、証人の手配等)
公証人費用については日本公証人連合会HPを参照してください。